書籍

【衝撃】おすすめの事件・犯罪ノンフィクション本6冊を紹介!【心理学系も】

こんにちは、ぐまです。

今回は、おすすめの

【心理・事件ノンフィクション書籍】を6冊紹介したいと思います!

 

サイトで紹介した本や、紹介していないものも含め、

すべて、私が実際に読んだ本の中から厳選しています!

それではまず、

【事件・犯罪ノンフィクション部門】から紹介します。

殺人犯はそこにいる(著者:清水 潔)

私が、清水 潔さんを知るきっかけとなった本です。

Amazonのノンフィクション書籍のランキング、

【事件・犯罪】部門で常に上位にランクインしています。

この本は、「北関東連続幼女誘拐殺人事件」を舞台に、

一人の週刊誌記者の小さな疑問をきっかけに、

冤罪で服役中だった男性の無実を晴らし、真犯人を見つけ、司法の闇を暴くまでが記されています。

新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞を受賞し、

『調査報道のバイブル』と評された、衝撃のノンフィクションです。

桶川ストーカー殺人事件―遺言(著者:清水 潔)

f:id:stardust85:20190412191619j:plain

この本は、『記者の教科書』とも呼ばれる一冊です。

清水さんは、この事件で

警察よりも先に犯人を見つけ、警察の闇を暴きました。

ひとりの、何の罪もない女子大生が、なぜ犯人と警察に殺されたのか。

ストーカー被害を訴えた時の対応、失態をもみ消す等の警察の行為は、信じられないものでした。

そして、人を金で支配し、自分の手は決して汚さない犯人の卑劣さ。

20年経った今でも、度々テレビで放送されている、

センセーショナルな事件です。

この本でしか読めない、事件の真相、被害者のお父さんが書かれた章を、

ぜひ読んで欲しいです。

▼「桶川ストーカー殺人事件―遺言」の詳しいレビュー記事はこちら

騙されてたまるか(著者:清水 潔)

  •  少し興味はあるけど、一冊は長くて読み切れるか心配の方
  •  ノンフィクションを読んだことがない、初心者の方
  •  様々な事件を知りたい方

という方に、非常におすすめの本です!

この本のスタイルとしては、清水さんが取材した、10ほどの事件一つ一つの、

事件のいきさつ・真相・結末が、短く簡潔にまとめられたものです。

上記で紹介した、「足利事件」、「桶川ストーカー殺人事件」も記されています。

個人的には、“三億円事件”と“伝書鳩レース”の意外な関係が面白かったです。

私は、上記で紹介した2冊を読み終えてから、この「騙されてたまるか」を読みましたが、

他の事件も多く載っていたので、とても読み応えがありました。

注意!

事件の真相や結末も載っているので、事件の書籍を一冊まるまる読みたいという方は、

その章は飛ばすことをおすすめします。

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相(著者・福田ますみ)

f:id:stardust85:20190415164748j:plain

生徒に対し、「穢れた血」などの暴言、虐待レベルの体罰、それによる生徒の自殺未遂、PTSD発病。

「史上最悪の殺人教師」と周囲やマスコミから呼ばれた、一人の男性教師。

しかし、それらは全て

『でっちあげ』だったのです。

普通の教師だった男性が、

嘘つき家族とマスコミによって、「殺人教師」に仕立て上げられたこの事件。

この本を読めば、驚愕の真相がわかります。

小さな嘘が風船のように膨らみ続け、学校全体、世間を巻き込み、裁判沙汰までになりました。

ありえない話のように思えるかもしれませんが、

誰にでも降りかかる可能性がある、怖ろしい事件です。

▼「でっちあげ」の詳しいレビュー記事はこちら

次は、【心理部門】です。

マインド・コントロール(著者:岡田尊司)

f:id:stardust85:20190405110452j:plain

“マインドコントロール”や“洗脳”を詳しく知りたいという方に、

「読みやすい!」と高い評価を受けている本です。

  •  マインドコントロールの仕組みとは?
  •  なぜマインドコントロールされてしまうのか
  •  なぜマインドコントロールから抜け出せないのか

などが詳しく解説されています。

他にも、マインドコントロールの歴史や実例、マインドコントロールされやすい人の特徴、脱洗脳法といった、

興味深い話が、たくさん記されています。

多くの実例を交えて紹介されているので、非常に分かりやすく、マインドコントロールの流れも分かります。

少しでもマインドコントロールに興味のある方は、

おすすめの一冊です!

▼「マインド・コントロール」の詳しいレビュー記事はこちら

元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法(著者:ジャック・シェーファー)

f:id:stardust85:20190328222006j:plain
  •  FBIの人ってどんなことを考えてるの?
  •  対人関係に悩みを持っている方
  •  人見知りだから、初対面の人とすぐ仲良くなれない

こんな方や、悩みを持っている方に、非常におすすめの本です。

この本の一番のおすすめポイントは、

堅苦しい表現や難しい言葉が一切なく、サクッと読めるところ!

あまり本を読まない人でも、読みやすいと思います。

スパイ勧誘の話や、自白させる方法など、なかなか聞けないFBIの話や、

親子、社内、恋人、友人に使える、日常テクニックがたくさん書いてあるので、

最初から最後まで、とても楽しみながら読めました。

▼『元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法』の詳しいレビュー記事はこちら

どの本も非常におすすめなので、ぜひ読んでみてください。

以上、ぐまでした!