商品紹介

「boogie board(ブギーボード)BB-1GX」をレビュー!【保存はできる?電池交換は?】

今回は、私のとびきりおすすめアイテム

「boogie board(ブギーボード)」を紹介したいと思います!

 

 

「boogie board(ブギーボード)」とは?

f:id:stardust85:20190423172737j:plain

家や会社で「(後で捨てるけど)ちょっとメモしたい!」そんな時に便利な

一瞬で消せる、書きごこちなめらかな、新感覚電子メモパッドです!

こんな人・用途におすすめ!

  •  文字を書いたり、落書きするのが好きな人
  • メモがもったいない、メモに残したくない人
  • 「今日は、買い物と掃除!」ToDoリスト
  • 「突然言われた電話番号!」電話のメモ
  • 「冷蔵庫にケーキあるよ~」家族への伝言メモ
  • 「喉を痛めて話せない…」筆談用

家やオフィス、色んな場所で活躍します。

「boogie board(ブギーボード)」との出会い

f:id:stardust85:20190423180204p:plain

(私とブギーボードの出会いの話なので、飛ばしても大丈夫です)

私は幼い頃から、ただ「文字を書くこと」がよくありました。

文字といっても、自分が好きな物の名前だったり、自分の気持ちだったり、目に入った物の名前を書いたり(「筆箱」や「鉛筆」など)、あまり意味のない言葉だったり様々です。

かれこれ10年以上たった今でもその癖(?)は抜けません。

多分、この「文字を書くこと」自体が、自分のストレス発散なのではないかと思います。

(学校とかで黒板を写すのは好きじゃありません。逆にストレスです(笑)

しかし、ここ最近、思ったことがあります。

「書いてるその紙もったいなくない!?」

いくら、いらない紙やチラシの裏であろうが、

絶対捨てるのに、何枚ももったいないし、人に見られたくない気持ちを書いてる時もあるし…

「いちいち破いたり、消すのも手間だなぁ~」

と考えた私は…

「よし、ペンタブを買おう!」

f:id:stardust85:20190423175828p:plain

…いやいやいや、ただの文字や落書きを書き込むだけに、ペンタブは高すぎだし、そんな使い方はもったいなさすぎる!

一応調べてみると…

PCに繋げて使うものは1万円位するし、

液晶付きのタブレットに直接書き込めるものは2万円以上!?

「高すぎる!」

f:id:stardust85:20190423175845p:plain

こうして私のタブレットへの道は遠ざかったのですが…

私のストレス発散方法を知ってる友人が、なんと!

このブギーボードをプレゼントしてくれたのです。

「これこれ!こういうのが欲しかった!」

こんな経緯で、私はブギーボードと出会いました。

「boogie board(ブギーボード)」の基本スペック

「boogie board(ブギーボード)BB-1GX」

寸法:22.2×14.1(cm)

厚さ:3.2mm

重量:110g

f:id:stardust85:20190423172117j:plain

A5サイズより、一回り小さい感じですね。

30cm定規と比べるとこんな感じ

f:id:stardust85:20190423172129j:plain

スタイラス(ペン)とスタイラスホルダーが付属されています。

f:id:stardust85:20190423172215j:plain

こんな風にホルダーに付けられるので、失くす心配はありません。

f:id:stardust85:20190423172239j:plain

「boogie board(ブギーボード)」のおすすめポイント

ペーパーレスで地球にやさしい

以前は、何枚も捨てられていく紙に、罪悪感を感じていましたが、

ブギーボードにしてからは、何も考えずに書きまくっています(笑)

ボールペンのインクも気にしないでいいので、思う存分書くことができます。

なめらかな書き心地

f:id:stardust85:20190423172737j:plain

感圧式液晶が使われているので、

紙に文字を書くようななめらかさで書き込むことができます。

本当に、紙にペンで書いている感覚なので、自分の好きなようにすらすら書けます。

こういうサインタブレットとは、全く違う感覚です!

f:id:stardust85:20190423180628p:plain

太さや細さを調節できる

f:id:stardust85:20190423172709j:plain

付属のスタイラス(ペン)の筆圧に合わせて、

線の太さを自由に変えることができます。

軽量&コンパクト

f:id:stardust85:20190423172457j:plain

重さは110gで、薄さはなんと3.2mm!

スリムで軽量なので、持ち運びにも便利です。

ボタン一つで瞬時に消せる

f:id:stardust85:20190423172801j:plain

この丸い『erase』ボタンを押すと、

画面を瞬時に消してくれます!

*画面全てが消されるので、部分的に消すことはできません。

「boogie board(ブギーボード)」は保存できるの?

残念ながら、書いたものは保存できません。

ちょっとしたメモの感覚で使うといいと思います。

「いいアイデアが書けた!」

「絵が上手く描けた!」

などなど

残しておきたい場合は、スマホで撮っておきましょう。

『BB-1GX』は電池交換不可!

私の使っている『BB-1GX』は、

電池交換できません。

約5万回消去できるので、あまり気にしないでいいと思いますが…

「5万回以上消すよ!」

「もっとたくさん使いたい!」

という方に朗報です!

電池交換できるモデルがあります!

そのモデルは、下記で紹介しています!

「boogie board(ブギーボード)」の豊富なラインナップ

ブギーボードは、種類や色、サイズも豊富なので、特徴を抑えながら、

いくつか紹介していきます!

お手頃価格なシンプルモデル!『BB-1GX』

私が使っている、一番スタンダードなモデルです。

シンプルで使いやすく、お手頃価格なので、

「電子メモパッドってどうなの?」という初めて使う方にもおすすめです!

カラーは、ブラック、ブルー、ピンクの3種類があります。

f:id:stardust85:20190423173612j:plain

他に…

電池交換可能!一番のおすすめ『BB-7N』

見やすく進化したスタイリッシュモデル。

私が使っている『BB-1GX』にはない、電池交換が可能なモデルです。

液晶コントラスト比が従来比50%アップで、くっきり見やすい液晶になっています。

これが一番、バランスが取れていておすすめです。

可愛らしいふせんサイズ!『BB-12』

使いやすい、手に収まるふせんサイズです。

カラーが、オレンジ、イエロー、ブルー、ブラック、ホワイトの5色とバリエーション豊か。

見やすい・書きやすい大画面!『BB-9』

大きさが26.9×17.5(cm)の大画面液晶モデルです

電池交換が可能(単6アルカリ乾電池2本)で、

『BB-7N』と同様、くっきり見やすい液晶になっています。

ボードが透けてる!?『BB-13』

半透明液晶を採用したコンパクトなモデルです。

下地が透けているので、罫線や方眼などのテンプレートシート(付属)を使って、

線に沿って文字を書いたり、表を書くことができます。

用途に合わせて、色々選べるのもいいですね!

「boogie board(ブギーボード)」使用例

ここで、私の実際の使用例をご紹介します。

(字も絵も下手ですみません)

文章

f:id:stardust85:20190423172901j:plain

鈴木結女さんの歌詞です。

こんな長文もスラスラ書けます。

落書き

f:id:stardust85:20190423172827j:plain

ジョジョ第5部のペッシです(笑)

ちょっとした落書きにも、よく使ってます。

使い方は、あなた次第!

感想

使って3ヶ月ほど経ちましたが、壊れることもなく、日々書き書きしてます。

一つ気になる点といえば、電池交換ができないことくらいでしょうか。

でも、5万回消せるので、まだまだ先のことですね。

ブギーボードは、記事のネタが思いついた時など、非常に活躍してくれています。

非常におすすめなので、ぜひ、使ってみてください!

f:id:stardust85:20190423171610j:plain

製品情報

商品名 「boogie board」

BB-1GX

値段 本体価格

¥3,800+消費税

寸法 (H)222×(D)3.2×(W)141(mm)
液晶

サイズ

8.5インチLCD 182×125(mm)
消去

回数

約5万回
電池

交換

不可
同梱品 スタイラス/

スタイラスホルダー

▼こちらの記事もぜひ!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

以上、ぐまでした。